嬉しいニュース (入院8日目)

入院生活
04 /23 2017
【4/19(水)・入院8日目】

今日も面会する為に、病院へ向かう。

愛美から買ってきて欲しいと頼まれた折り紙と、次女から渡すように頼まれた手紙を持って自宅を出た。



それにしても、ここ最近、折り紙を沢山買っている。

こういう時は100均が助かる。

シールなども、結構可愛い物が売ってることを初めて知った。

愛美の好きなクローバーのシールを選んでみた。


IMAG7223.jpg




次女から預かったのは、愛美への手紙と保育園で作った鯉のぼり。


IMAG7226.jpg


どうやら、愛美からもらった手紙へのお返事のようだ。

次女は次女なりに、愛美に会えない寂しさを我慢している。





ひとつ、嬉しいニュースがあった。



しばらくの間、少しだけだが、お昼に外出の許可が出たのだ。

外で昼食を一緒に食べることができる。

もう1週間以上、外の空気を吸ってないし、そろそろ病院食にも飽きてきた頃だろう。

長い入院生活になっている愛美のメンタル面を考えると、これは大きい。



明日は、好きなものを食べさせてあげよう。




IMAG7228.jpg


にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 小児がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

まなみのぱぱ

脳に腫瘍を持つ娘の父親です。



娘は小学校6年生の時に、脳腫瘍を疑われて入院しました。

治療の過程で、その脳腫瘍は、胚細胞腫瘍のうちジャーミノーマと判明しました。

ジャーミノーマは悪性ですが、適切な治療により寛解に至る可能性の高い腫瘍です。

しかし、早期発見・早期治療が大切で、遅れれば遅れるほど後遺症に悩まされる可能性が高くなるかもしれません。

少しでもこのブログが、同じジャーミノーマやその他の脳腫瘍を抱えるご本人、又はご家族の参考になれば幸いです。