妹からの手紙 (入院48日目)

入院生活
05 /29 2017
【5/29(月)・入院48日目】

昨日までの一時外出を終えて、今日からまた治療に入る。

今日は、9時半からの放射線治療に付き添うため、朝一番で病院へ入った。



病室に行くと、既に愛美は朝食を終えて、好きな折り紙を折っていた。


IMAG8059.jpg


大きな箱から小さな箱まで、器用に作る。


IMAG8055.jpg


この病気で入院してから、随分手先が器用になった気がする。


IMAG8056.jpg



実は、一昨日、愛美の小学校で運動会があった。

愛美は以前、小学生最後の運動会に出たいと泣いたことがあった。

残念だが、今は治療が優先。

今は我慢が必要だが、この先にはきっと良いことが待っているはずだ。



放射線治療は、今日で8日目だ。

放射線治療科のH先生から、体調に変わりはないかと聞かれたので、元気ですと伝えた。

人によっては少しずつ食欲がなくなってくる場合もあるそうだが、今のところ、そのようなことはない。



治療中は頭を固定するマスクを着用する。

これは先日、本人の顔に合わせて作った。



IMAG8064.jpg


H先生によると、温めて柔らかくなった素材を顔にかぶせて作るが、これだけでも医療用なので結構高価だそうだ。

このマスク一つとっても、愛美の命がかかっているのだから、とても重要なものだ。



今日は仕事が溜まっていたため、放射線治療後に病院を出たが、その前に次女から預ってきた手紙を愛美に渡した。

わかりずらいが、「いつもありがとう」と書いてある。


IMAG8054.jpg



昨夜、5歳の次女からどう書くのか聞かれたので、見本を紙に書いてあげると、それを見ながら書いていた。

多分、昨日遊んでくれた愛美への感謝と応援の気持ちだろう。



妹からの手紙が、愛美の力になる。

周囲のみんなが応援してくれているのだから、愛美は絶対にこの病気を克服できる。


にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 小児がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

まなみのぱぱ

脳に腫瘍を持つ娘の父親です。