忙しい月末 (入院50日目)

入院生活
05 /31 2017
【5/31(水)・入院50日目】

月末の今日は、どうしてもずらせない仕事があった為、病院に行けなかった。

ただ、午前中は妻が、そして夕方は母が面会に行ってくれたので、愛美も寂しい思いをしないですんだと思う。



朝の放射線治療が始まると、早速、妻からラインで写真が送られてきた。


20170531180909.jpg


その写真からは、いつものように、言われたとおり動くのを我慢して治療を受けている様子がわかる。

最初のうちは少し愚痴をこぼしていたが、最近は何も言わずに頑張っている。



夕方には、同じく母から写真が届いた。

午後の院内学級から戻ってきて、寝てしまったそうだ。


20170531180923.jpg


最近は、治療だけでなく院内学級にも通いだしたので、思いのほかスケジュールはハードだ。

小学校に復帰した時のことを考えて、遅れを取り戻すための宿題もこなしているらしい。

ただでさえ抗がん剤の影響で体力が落ちているのだから、やはり夕方くらいには疲れてしまうのだろう。



僕の方は、夕方仕事を終えた後、役所へ向かった。

先日病院から案内された、「特別児童扶養手当」を申請するためだ。


IMAG8088.jpg


今後、治療が上手くいって腫瘍が無くなったとしても、ホルモン療法の薬は一生飲み続けなければいけないし、定期的に脳の検査もしなければいけない。

現実問題として、それなりの費用は考えておかなければいけないだろう。

したがって、このような制度の存在はとても助かる。



ただ、「心身に障害のある~」という記載には、現実を突きつけられるようで複雑な気持ちであるのも正直なところだ。



それにしても、愛美も色々と忙しいが、僕の方も月末で忙しかった。

明日はまた朝から放射線治療がある為、仕事を午後へ回した。

今後は、残り少ない放射線治療が無事終了するように願いたい。


にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 小児がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

まなみのぱぱ

脳に腫瘍を持つ娘の父親です。