見解の相違

現実を知る
04 /15 2017
M先生はサイバーナイフについて、丁寧に説明してくれた。

治療方法は、サイバーナイフでほぼ決定した感があった。



そんな中、M先生から指示があった。

「この病院に下垂体の腫瘍に詳しいO先生がいるので、一度話を聞いてみてください。その後、こちらに戻って来て下さい。」



M先生も脳神経外科の専門医なのでその意図がよくわからなかったが、僕らはM先生に言われたとおり、同じ脳神経外科のO先生の元へ向かった。

僕は単純に、O先生もサイバーナイフの説明をしてくれるのだろうと思った。



ところが、意外にもO先生の見解はM先生と違ったものだった。

どうやら、O先生はサイバーナイフ治療に否定的なようで、別の病院で細かい検査をするよう勧めてきた。

M先生とO先生の間で、見解の相違があるように感じた。



結局、その日は治療方法が決定しなかった。

M先生の結論は、色々な方面からの意見も取り入れたいので1日時間をいただきたいというものだった。

とにかく先生に任せるしかない僕らは、何か釈然としないまま帰路についた。



にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 小児がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

まなみのぱぱ

脳に腫瘍を持つ娘の父親です。