独り言 (心の穴)

独り言
06 /18 2017
最近ずっと感じる・・・



・・・心の穴





落胆


失望


喪失感




それは決して目に見えないけど、常に僕を押しつぶそうとしてくる






愛美のこと・・・


家庭のこと・・・


仕事のこと・・・


自分のこと・・・





考えるたびに、心が疲れる





それなら、考えなければいい


何も考えなければいい








・・・でも、そんなこと出来るはずない




気が付けば、また、色々と考えている








そして・・・






泣きたい


誰かに甘えたい


本当の自分をさらけ出したい







でも、それはできない





なぜなら、愛美を心配させてはいけないから


今、この僕がしっかりしなければいけないから






僕は、とても弱い人間だ


だから、その弱さを隠さなければいけない






気が付けば



今日も、どうやって隠そうかと考えている自分がいる




にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 小児がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

脳腫瘍/グリオーマ

読ませてもらって、全てに共感できました。
苦しんでるのは自分ひとりじゃないとも、思いました。

抗がん剤治療が一番嫌いです。

長崎大学病院で開頭手術の退院の日、担当の馬鹿野郎に呼ばれて、妻と二人、今後の治療方針を聞かされるのかなと思って部屋にはいったら、
こんな事をいわれました。

奥さん!旦那さんの寿命は2、3年ですと。
まだ、病理検査の結果も出てない段階で。
執刀して、腫瘍を見て、病理検査にださなくても、グリオーマとわかったにせよ。
医師のまえに、人として、こいつ、よくも、病理検査の前にそんな事が言えたもんだと思い、絶望と嘘だろうとが頭を駆け巡りました。実名をあえて、公表します。
医局の前田 肇馬鹿野郎

こんな事を言われた妻は、ひとり家に帰って、朝まで泣いていたそうです。
将来を悲観した妻は、元々うつ病に苦しんでいたのですが、幻聴、幻覚まで見だして、長崎で生活するのが困難と判断し、実家の埼玉で療養生活をしてもらいましたが、
家族の支えも虚しく、自殺してしまいました。それも、小さな踏切の遮断機をくぐって、しゃがみ込んだらしいのです。
警察からの電話で跡形もない状況を察しました。ほほにほくろはありますか?
お腹に手術の跡はありますか?
この2点だけで、身元調査完了です。
前田 肇の馬鹿野郎のせいで、人生めちゃくちゃになりました。ある著名な先生にメールで相談してたのですが、札幌の澤村豊先生は、私のメールを読んで激怒したそうです。
今は、長崎から特急列車で羽犬塚という所の寺崎瑞彦先生を札幌の澤村豊先生に紹介して頂き、隔週で通っています。
寺崎瑞彦先生は、あのスーパードクター福島先生の一番弟子らしくて、せいじつの国際学会に日本で2名脳外科医として、シカゴに一泊三日でいきました。患者さんの事を考えたら、強行スケジュールで行くしかなかったと、おっしゃってました。

前田 肇馬鹿野郎とは、比べることのできないくらいの先生に治療してもらってて
先生がこういうのです。
この腫瘍ぶっつぶそうぜ‼️と
無くなったら、前田肇馬鹿野郎医局に逢いに行ってらっしゃいと。

こんな、力強い言葉を頂き、希望はわきました。この言葉だけで、私の精神は崩壊することなく持ちこたえています。

Re: 心の穴

マカロンさん、はじめまして。コメントいただきありがとうございます。

ご経験者としてのアドバイス、とても参考になりました。
また、温かいお言葉にも感謝いたします。

皆さんもご苦労をされて、脳腫瘍と闘っている。
そう思うと、僕も勇気がでます。

本当にありがとうございます。

Re: 脳腫瘍/グリオーマ

池下さん、はじめまして。
壮絶なご経験、ご心中をお察しするに余りあります。

僕も、娘の脳に腫瘍があるとわかってからは、澤村先生のホームページを何度も見て勉強させていただきました。

脳腫瘍の患者やその家族は、皆苦しんでいますが、僕は皆仲間だと思っています。
一緒に頑張りましょう!

コメント、本当にありがとうございますm(_ _)m

はじめまして、突然のコメントお許しください。。

今まさに我が家も同じような境遇で、今の自分の心境を代弁していただいたようでびっくりすると共に、少しスッキリしました。

今日たまたま難病の子を持つ方々が、どのような気持ちで日々を送っていらっしゃるのか気になり、こちらにたどり着きました。

自分はもともと涙もろいほうなため一人になるとどうしても我慢出来ず涙を流してしまいます。治療を始めて3年経った今でもです。
情けない父親です。
一番辛いのは娘なのに......
私の場合は明らかに仕事に差し障りが出たので、病院で薬を処方していただき持ちこたえています。

くよくよしていてはいけないと分かっていても、どうしようも無い日がありますよね。
うちの娘は再発を繰り返し、使える薬も少なくなってきました。
でも親である以上諦める訳にはいかない!
日々新しい治療法を求めネットにかじり付く毎日です。

いつか寛解する日を目指し、お互い頑張りましょう!


RINKOパパさん

RINKOパパさん、はじめまして。
コメントいただきありがとうございます。

> 自分はもともと涙もろいほうなため一人になるとどうしても我慢出来ず涙を流してしまいます。治療を始めて3年経った今でもです。
> 情けない父親です。

そんなことはないと思いますよ。
娘を思っているからこその涙。

RINKOパパさんも僕も、同じような娘をもち、同じような気持ちだと思います。
だから、
涙を流す理由・・・痛いほどわかります。

涙を流すことによって、その後また頑張れる。
頑張る為の涙なんだと思います。

お互い頑張りましょう!

まなみのぱぱ

脳に腫瘍を持つ娘の父親です。