やるべきこと (入院71日目)

入院生活
06 /21 2017
【6/21(水)・入院71日目】

今日は、仕事を途中で切り上げて、夕方から面会に行った。

今日は大雨で風も強かったので、傘をさしたにもかかわらず、停めた駐車場から病院までの短い間にずぶ濡れになってしまった。

こういう日は、スーツではなく私服で来たいところだ。



今日は血液検査を行っており、小児がんセンターのK先生が結果を説明してくれた。

相変わらず血球の値は下がったままだが、ぎりぎりまで輸血を我慢するらしい。

可能性は低いが感染のリスクを考えると、やはり、輸血をしないに越したことはない。


IMAG8470.jpg




愛美は、隣のベッドの女の子と遊んでいた。

一昨日入院してきた子だが、どうやら耳が聞こえないらしい。

筆談でコミュニケーションをとっていた。



この病院には、全国から様々な病気を持つ子供がやってくる。

皆、親がサポートする為、近くについている。

僕は脱サラしているので、まだ自由に動ける方だが、中には会社を辞めて子供のサポートをしている父親もいる。



病気の子供はもちろんのこと、その家族も皆、何かを犠牲にしながら頑張っているのだ。

そう思うと、僕もまだまだ頑張らなければいけない。



僕も愛美の病気が発覚してからは、仕事量を減らしているので、ある程度のビジネスチャンスを逃しているだろう。

また、趣味などプライベートなことも犠牲にしてきた。

しかし、それは仕方のないことだし、当たり前のことだ。

なぜなら、愛美の命がかかっているのだから・・・。


IMAG8463.jpg



今までの入院生活で、皆、体力的にも精神的にも疲れが出ている。

それでも、僕ら家族がやってきたことは、決して間違いではないはずだ。

誰が悪いわけでもない。

憎むべきは脳にできてしまった腫瘍。



これからも僕らは、ひたすら完治に向けて努力する。

やるべきことは、ただ、それだけだ。


にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 小児がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

はじめまして。

はじめまして。
ブログ全部読みました。
応援しています。

弱音が吐けない親の気持ち、
痛いほど分かります。

Re: はじめまして。

青空さん、はじめまして。
ブログをお読みいただき、またコメントもいただきありがとうございます。

僕が弱音を吐くと、愛美や家族を心配させてしまいますので。
でも、
このブログの存在は愛美も家族も知らないので、遠慮なく率直な本音を書いてしまっています。

ブログを書くことによって、僕も助けてもらっています。

まなみのぱぱ

脳に腫瘍を持つ娘の父親です。